米穀検査

ベイコクケンサ

“日本の法律に基づいて、生産された米について登録検査機関が行う品位および成分等検査のことをさします。
検査内容は大きく3つで重量検査、水分検査、外観検査があり、これらの検査によって1等米、2等米、3等米、規格外という結果がでます。
重量検査とは、米の入っている袋の重量を0.5㎏として重量を計測します。
既定の重量に達していないもしくは、超過していいるものについては以降の検査を受けることができません。
水分検査は、15%の水分量を基準値としています。
外観検査では、整粒と非整粒との割合を計測し、整粒歩合が70%以上のものを1等米、60~70%未満のものを2等米、45%~60%のものを3等米といい45%未満のものは規格外として扱われます。
詳細は農林水産省のページにて公開されております。”