減農薬栽培

ゲンノウヤクサイバイ

減農薬栽培とは、その地域の一般的な栽培と比較して農薬の使用をおおむね50%以下に抑えて栽培した作物を指します。
無農薬と違い『その地域で一般的使用される量/頻度の半分以下』が減農薬栽培となりますので、農薬が少ないと判断するのはいけません。
なお、無農薬栽培というと、その名の通り農薬を使用せず栽培することをイメージされがちですが、そうではありません。
法律で定められた最低限の農薬や肥料は使用されていることがほとんどです。
農薬を使用しない分また、平成16年より農林水産省「特別栽培農産物に係る表示ガイドライン」によって「無農薬栽培〇〇」「減農薬栽培〇〇」という呼称は禁止され、現在は『特別栽培農産物』と統一されています。