白米

ハクマイ

“玄米を精米(搗精(とうせい))した状態の米を指します。
「銀シャリ」と呼ばれることもあります。
白米は、単純炭水化物に分類され、他の穀物と比べて血糖値を上げやすい特徴があります。
玄米と比較すると、味が淡白で食べやすく、白米は繊維が少ないぶん消化がよく、吸収に優れています。
茶碗一杯分の白米150gあたりに含まれる栄養素はエネルギー:252kcal、タンパク質:3.8g、脂質:0.5g、炭水化物:55.7g、ビタミンB1:0.03mg、ビタミンB2:0.02mg、ビタミンB6:0.03mg、カルシウム:5mg、鉄分:0.2mg、マグネシウム:11mg、亜鉛:0.9mg、食物繊維:0.5gとされている。
白米150gあたりに含まれる栄養素の詳細は、文部科学省によって公開されています。”