品種改良

ヒンシュカイリョウ

“栽培植物や家畜などにおいて、より人間に有用な品種を作り出すことをさします。
品種改良によるメリットとしては、食味の担保、食材量などの規格の安定、生産量の向上、労働時間の解消などが挙げられます。
一方で、品種改良によるデメリットとしては遺伝的な多様性の損失、環境破壊、開発段階にかなりの時間がかかる点などが挙げられます。
具体的に平成29年~30年に品種改良された米の新品種は金色の風(岩手県)、だて正夢(宮城県)、雪若丸(山形県)、里山(福島県)、新之助(新潟県)、富富富(石川県)、ひゃくまん穀(石川県)、いちほまれ(福井県)、恋の予感(広島県)、くまさんの輝き(熊本県)
などが挙げられます。”