イネ(稲)

イネ

イネとは、イネ科イネ属の一年生作物です。
実が米であり、広く主食とされます。
イネの区分方法は大きく二つあります。
一つ目は、生産国による区分方法で、二つ目は栽培場所による区分方法であります。
生産国による区分方法については以下であります。
ジャポニカ米、インディカ米、ジャパニカ米の三種類で区分することができます。
それぞれの内訳をみていくとジャポニカ米が日本型イネとも呼ばれ、日本・朝鮮半島・中国東北部などで主に作られるものです。
インディカ米がインド型イネとも呼ばれ、タイ・ベトナム・インド・アメリカなどで主に作られるものです。
ジャパニカ米が上記の二つ(ジャポニカ米とインディカ米)の中間型で、ジャワ・イタリアで主に作られるものです。
続いて、二つ目の栽培場所による区分方法で、水稲と陸稲という二種類で区分することができます。
両者は使用する水分量が異なります。
田んぼに田植えをする稲のことを水稲、畑に種もみを直接まく稲を陸稲といいます。