化学肥料

カガクヒリョウ

“化学肥料とは、植物の成長促進のために人工的につくられた肥料のことです。
成分量によって、成分を1種類のみもつ単肥と複数持つ複合肥料とで区分されます。
また、植物の成長に必要な窒素、リン酸、カリウムなどの成分含有量によっても区分されます。
これらの成分が30%未満のものを普通化学肥料、30%以上のものを高度化学肥料といいます。
また、有機肥料との違いとしては人工的に作られているか否かという点です。
有機肥料とは原料が植物の糞などの自然にあるものとなっています。
化学肥料は有機肥料と比較して成長に必要な成分量が多く含まれているという特徴があります。
化学肥料をつかうメリットとしては、生産性の向上、即効性の向上などが挙げられます。
一方化学肥料をつかうデメリットとしては、土の中の微生物の減少、環境負荷、味の品質低下などが挙げられます。”

お米の事なら関西業務用米.comへお任せください