穀検

コクケン

“穀検とは、日本穀物検定協会の略称です。
日本の農産物、飼料、食品などの第三者検定機関です。
1955年に設立された。穀検の起源については以下です。
1951年の食糧配給公団廃止に伴い、政府と民間との間に介在する検定期間が必要になったことから、翌年にまず社団法人東京穀物検定協会が設立された。
それに次ぐ形で、同種の社団法人が横浜、大阪、神戸、福岡、名古屋、長崎、広島、静岡、京都、小樽の計10の都市に設立され、これらを統合する形で誕生した財団法人が現在の穀検の起源です。
穀検の業務は多様で現在は、国内産農産物検査(米、麦、大豆)外国産農業物検査、国内産農産物検査員の育成研修、成分検査などで他にも米のDNA品種鑑定、残留農薬・カビ毒・重金属・微生物分析、成分分析、規格試験、遺伝子組み換え試験、砂糖分析、米の精度判定、大豆の豆腐加工適正試験などに取り組んでいる。”