新米

シンマイ

“収穫後1年以上( 11月1日から10月31日までの1年間)経過した米です。
この1年間の区切りは、日本で米穀の取り引きに関わる年度である米穀年度に基づいています。
新米の特徴は鮮度と水分量によって見た目と味に表れます。
炊き上がったときの白さや香りに加え、食感も粘りがあり、うまみも強く感じることができます。
新米は古米と比較して水分量が多く、古米とは米を触る、割るなどすることで確かめることができます。
炊く前の米を触ると古米は水分がなくなりパラパラとしているに対し、新米は水分が多く、手に吸い付いてきます。
炊く前の米粒を割ってみると古米は水分が少ないため、きれいに割れるが、新米は崩れるように割れます。”