株式会社みどりフーズ

創業100余年

お米を通じて
お客様の繁栄のお手伝い

お電話でのお問い合わせはこちらから

072-255-7551 TEL

お問い合わせはこちら

MENU

業務用に使う「はえぬき」の特徴やおすすめの理由

業務用米として、山形県の銘柄米「はえぬき」がおすすめです。意外と知られていない「はえぬき」ですが、どんな特徴があるのかや業務用しておすすめの理由についてご紹介します。「はえぬき」の特徴を知ることで、業務用米としてお得に様々な料理やメニューに活用してみませんか。


「はえぬき」の特徴とは?

「はえぬき」は業務用米として多く使われているお米で、山形県で生まれたブランド米です。同じ東北の宮城県で生まれた「ササニシキ」の後継品種で、山形県がブランド米として誇っているお米となっています。

山形の風土や気候にあった美味しいお米として県内で多く育てられ、他ではあまり作られていないのが特徴の一つです。


・特Aランクを長年取っていて美味しさには定評!

また味の評価では、美味しいと評判の魚沼産コシヒカリと同じように、開発以来長年特Aランクを毎年取っているのも特徴です。「はえぬき」の食感としては、一つ一つの粒がしっかりしていて、よく食感が感じられるお米となっています。


コシヒカリよりも粘り気が少なく、比較的さっぱりしているのが特徴。おにぎりやお弁当にも向いていて、冷めても美味しいと人気です。セブンイレブンでも活用されているお米としても有名なお米です。


「はえぬき」が業務用のお米におすすめの理由

「はえぬき」が業務用米としておすすめの理由についても詳しくご紹介します。「はえぬき」は、コシヒカリなどのように粘り気が強くなく、お米の甘さは控えめなのが特徴です。そのため様々な料理に合いやすいお米と言えます。いろいろなおかずを引き立てるお米ですので、業務用米としても使いやすい銘柄米です。


・リーズナブルな価格も魅力!

また「はえぬき」がリーズナブルに購入できる点も、業務用米としておすすめの点です。山形県内で主に作られていますので、知名度が低くあまり広く知られていないため、価格が安く抑えられています。


特Aで美味しさが保証されたブランド米ですが、産地が山形県に限られているために、知らない人も多いブランド米と言えます。総じて価格の面でも味の面でも業務用米として活用すると、おすすめのお米と言えるでしょう。


・販売量も多い「はえぬき」

業務用米として見た場合に、販売量の多い銘柄米には「宮城ひとめぼれ」がありますが、次に「山形はえぬき」の販売量が多くなっています。業務用米を扱う業者では、販売量を確保する必要がありますので、山形県の農家と契約栽培を行うなどしながら多くのお米を確保。


そのことによって、「はえぬき」は安定して提供することができるお米となっています。 美味しくリーズナブルな「はえぬき」をしっかりと量を確保することによって、多くの店舗や企業での活用がなされています。セブンイレブンを始め、意外と知らない所で、多く食べられている山形県産「はえぬき」です。


業務用米として「はえぬき」を購入する方法は

業務用米として山形県産の「はえぬき」を購入する方法ですが、業務用米は通常30kgから購入できます。「はえぬき」のように、様々な料理と相性のいいお米は、たくさん仕入れて活用するといいでしょう。

業務用米を扱う店ならば、「はえぬき」などの契約栽培米なども販売していますので、安くて美味しいブランド米が購入できます。


・業務用米としては安定した価格も魅力

よく銘柄米については、価格の上下もよくありますが、山形県産の「はえぬき」に関しては安定した安さも魅力です。安い価格での安定した供給が可能ですので、業務用米としても人気となっています。 業務用米を扱う「株式会社みどりフーズ」でも、契約栽培の「山形はえぬき」を多く販売していて好評です。


まとめ

山形県産の「はえぬき」についてご紹介しました。業務用米としては、美味しいお米を安く提供できることがポイントとなります。特Aを長年取っている「はえぬき」は、味の面でも保証されているお米です。


あまり知名度がないので安価なお米になっていますが、美味しいお米ですので、業務用米として活用してみるのがおすすめです。 店舗や企業で使う業務用米としては、たくさんの量を確保する必要がありますので、業務用米を扱うお店での購入をおすすめします。


安定した価格と美味しさが保つために山形県産の「はえぬき」などの業務用米を購入してみてはいかがでしょうか。美味しいお米をお米マイスター「米・食味鑑定士」などがいる業務用米専門店で、こだわって確保してみませんか。