株式会社みどりフーズ

創業100余年

お米を通じて
お客様の繁栄のお手伝い

お電話でのお問い合わせはこちらから

072-255-7551 TEL

お問い合わせはこちら

MENU

寿司シャリに業務用で好適米は?

寿司シャリには、どんなお米が合うのでしょうか。寿司を美味しくするお米、寿司シャリの特徴についてご紹介します。「米・食味鑑定士」などが選ぶ業務米のお米を選ぶのもおすすめです。業務用米は30kgから買え、寿司シャリに好適米も見つけられてお得です。寿司シャリにおすすめの好適米を探すことで、美味しさを追求してみませんか。

寿司シャリの特徴とは?

寿司シャリには、他とは異なるこだわりのお米を使うことが大切です。もっちりしているお米よりも、さっぱりとしたお米の方が向いていると言われます。

寿司を口の中に入れた時に、お米がほどけるような食感が理想となっています。寿司を手に持った時には崩れることなく適度な硬さがあり、口に入れるとホロホロとなるのが美味しさの秘訣です。

寿司シャリが一塊にならず、寿司ネタと一緒に口の中でほどけていくのが寿司に好適米と言えます。 寿司屋で職人が握る際は、真ん中に少し空洞ができるぐらいにほろっと握るのが美味しさの秘密となっています。お米の銘柄や炊き加減に工夫をしながら、そうした握り方ができれば最高の寿司シャリと言えます。

美味しく炊けて酢飯に向いた好適米とは?

あまり粘り気の強すぎないお米が、寿司シャリには好適米です。ご飯が炊けた状態で、米粒が立ち、食べた時にさっぱりとしたお米を選ぶのがコツと言えるでしょう。

●さっぱりとしたお米が好適米

お酢を混ぜますので、お米に粘り気が多いとよりねっとりとしたご飯になってしまいます。米の食感が感じられるお米を選ぶことも大切で、少し小粒で粒が揃ったお米を選びましょう。寿司では、寿司酢とシャリがなじむことも大切ですので、どちらかというと小粒のお米の方がいいとされています。

また、寿司シャリを炊く際は、寿司酢を入れますので、少し水加減を減らして炊くようにしましょう。水加減に注意して炊き上げ、お酢を入れてから切るようにして混ぜ、シャリをあおいで風を当てます。冷まして艶のある寿司シャリが理想です。

寿司シャリは、酢を合わせることで旨みと甘さをまとったシャリとなります。お米本来の甘さはあまりなくても、酢を合わせて美味しいお米を選ぶことも大切です。寿司酢に合わせますので、粘り気の少ないお米も選びましょう。

寿司シャリに好適米としては、銘柄で言え粘り気の強いコシヒカリなどよりも、「あきたこまち」や「日本晴」「ササニシキ」などのさっぱりしたお米が適しています。

●古米もおすすめ

また新米よりも古米の方が、粘り気が少し減るためにおすすめとも言われています。水分の吸収がいい新米ではどうしても、ねっとりとしてしまいますので、新米の場合には少し寝かせて使うという場合もあります。 さらに酢の吸収についても、古米の方が吸収が良くておすすめです。

寿司ネタと相性が良く、冷めても美味しい好適米の銘柄は?

寿司は、寿司ネタとシャリの相性によって美味しさが決まります。酢の分量やネタとシャリの大きさのバランス、シャリの温度などがとても大切です。あくまでもシャリは、寿司ネタを引き立てることが大切ですので、お米の食感や酢と合わさってネタを美味しく感じさせることが重要です。

●「ササニシキ」や「あきたこまち」「日本晴」などが好適米

寿司シャリのお米の銘柄を選ぶ際には、「ササニシキ」や「あきたこまち」などの軟質米と呼ばれるものと「日本晴」などの硬質米がありますので、どんな寿司を握るのかによっても選ぶといいでしょう。

通常のにぎり寿司ならば、軟質米の「ササニシキ」や「あきたこまち」などが好適米です。箱寿司や巻き寿司などの固めるお寿司の場合には、「日本晴」などの硬質米を使うのがおすすめです。

また、「日本晴」などでも寿司職人がほぐれるように握ることで、美味しい寿司シャリとなります。職人が握り方に工夫をしながら上手にまとめて握ることで、口の中でのほぐれ方も変わり、寿司ネタとも美味しく絡みます。お米の銘柄の特徴を考えた握り方をし、寿司ネタとの相性を考えることも必要です。

●冷えても美味しい「コシヒカリ」もおすすめ

さらに、寿司はシャリを冷やして使いますので、冷やしても美味しいお米を選びましょう。その点では、粘り気はありますが「コシヒカリ」を使う寿司屋も多くあります。 「あきたこまち」「日本晴」「ササニシキ」などだけでなく、「コシヒカリ」などの古米も寿司シャリに好適米として使えます。

まとめ

寿司シャリの好適米についてご紹介しました。寿司シャリには、寿司ネタを引き立てるようなさっぱりとしたお米がおすすめです。お米の粒が感じられるような小粒のお米を選んでみるのもいいでしょう。

ネタだけでなく、寿司シャリが美味しくないとお寿司を美味しく食べることができません。業務米で豊富な銘柄から、寿司シャリとしておすすめの好適米をきちんと選んでみませんか。 「米・食味鑑定士」がいる業務米の店ならば、寿司シャリに好適米が選びやすくておすすめです。