サイト内検索

受付:月〜土9時から17時(祝除く)

入庫予約・待機場所を事前に必ず ご確認ください!

Column

コラム

業務用精米機のおすすめポイント!30kg以上の精米が可能

業務用精米機のおすすめポイント!30kg以上の精米が可能

目次

美味しいお米を食べたい、提供したいと言う場合に、精米仕立てのお米にこだわるのがおすすめです。
店舗や家で精米して食べることで、より美味しいお米を追求することができます。
業務用精米機がありますので活用することで精米したてが提供でき、精米の方法にもこだわることができますので、ご紹介します。


業務用の精米機にはどんなものがあるのか

お米にこだわるならば、精米にもこだわるのがおすすめです。
業務用精米機は、玄米30kgが精米できるもので7万円台からあります。
本体は高さ1mほどからあり、鋼板などで作られたしっかりした造りです。
玄米も白米も保冷しながら保管してくれるものも多くあって、おすすめです。


また、1万円以下の家庭で使えてキッチンに置けるコンパクトな物もあって、33kgなどの精米がそちらでも可能です。
つき方などは細かく指定できませんが、その都度精米できて便利です。
精米できる量、こだわりの精米方法によって、さらに高額の精米機や大容量のものも選ぶことができます。


使いやすい精米機のポイントとしては、お米の投入口が大きくて入れやすいもの、お米の異常、もみや異物が混入していることをきちんとわかりやすく知らせてくれるものがおすすめです。
お米受けも大きいものの方が便利となっています。

業務用精米機の精米方法とは



業務用精米機の精米方法ですが、摩擦によって精米する方法と研削する方法、摩擦と研削をする精米機があります。
研削は外皮を早く取ることができるため精米が短時間で済みます。
60万円台や80万円台などの業務用精米機の場合には摩擦によって精米するものが多く、200万円台などになると摩擦と研削の精米機があります。予算に応じて選んでみるのがおすすめです。


業務用の精米機の特徴やメリットについて

業務用の精米機の特徴ですが、30kg以上の精米が一度にできるものが多く、業務用米は30kgほどから売られることも多いため利用しやすいでしょう。
精米機の種類は、無洗米を精米できる種類のものや、胚芽を残して精米するタイプや、古いお米や安いお米を美味しくしてくれるものがあります。

精米方法が3分づき、5分づき、7分づきなど細かく選択でき、こだわることができるのがメリットです。
様々なつき方が選べるため、どんな料理と合わせるのかによって選べ、いろいろなつき方のお米を実際にお客様に提供できるのが利点です。

また、玄米や精米後のお米も保冷して保管でき、美味しいお米が保てます。
玄米の状態で保冷しながら保管し、その都度精米することで劣化が防げます。
また、お米のぬか層や胚芽には栄養がたっぷりと言われていて、脂肪、タンパク質、ミネラル、食物繊維、ビタミン類、カルシウムなどを残したつき方ができるのは魅力です。


健康志向の方へもおすすめのお米が提供できるのは、一つのメリットです。
お米にこだわったお店として、お店の売りにもなります。


業務用精米機を選ぶ際にこだわりたいポイント

業務用精米機を選ぶ際にこだわりたいポイントですが、精米速度も一つのポイントです。
精米速度にこだわりたいならば、1時間に160~180kgの精米ができる60万円台の精米機もあります。
一度に大量のお米が精米できますのでおすすめです。また、16種類など多くのつき方があり、こだわることができます。

 

選ぶポイントとして挙げるならば、どれだけのお米を一度に精米しておきたいのか、またつき方にどれほどこだわりたいのかによって選ぶことです。
価格は精米機によって大きく異なってきますので、利用法によって検討しましょう。


1万円以下から、200万円台まで各種の業務用精米機があります。
使い方を考えながら、予算によって選んでみるのがいい方法です。
古いお米や安いお米も美味しくしてくれますので、お米を大量に使う場合は、精米機に少しお金を掛けてみるのもおすすめです。


まとめ

業務用の精米機について、その特徴や選ぶポイントなどをご紹介しました。業務用精米機を活用することで、精米したての美味しいお米をいつでも提供できておすすめです。
玄米のままでも保冷しながら美味しく保管できる精米機もあるので便利です。


お米のつき方も選択肢が広がりますので、つき方にもこだわってお店のこだわりのお米を提供してみませんか。
健康志向のお客様にも満足いただけ、お米が売りのお店にもなります。
古いお米や安いお米でも精米したての美味しいお米として提供できますので、業務用精米機を活用して精米にこだわったお米を提供してみるのもおすすめです。

関連記事:業務用に使うお米が大量に必要な場合について

関連記事:精米したあとの賞味期限はどうなる?