サイト内検索

受付:月〜土9時から17時(祝除く)

入庫予約・待機場所を事前に必ず ご確認ください!

Column

コラム

無洗米と普通米では洗うとき、炊くとき、水の量は違う?

目次

手軽に炊けて時短になる無洗米を使ってみようかと考えているけれど、水加減がよくわからなくて一歩踏み出せないという人はいませんか?
この記事では無洗米と普通米との違いから炊く時に必要な水の量の違いまで詳しく解説します。


無洗米と普通米との違い(見た目、味など)


無洗米とはお米を研がずに水を加えるだけで炊飯できるよう、精米時に肌糠を取り除いたお米です。無洗米と普通米では一見大きな見た目の違いはありませんが、電子顕微鏡でそれぞれの表面を750倍に拡大して見てみると、普通米では多くの肌糠が残っていますが、無洗米では肌糠が取れ旨味の層がきれいに並んでいるのがわかります。

無洗米と普通米の味の差はないと言われていますが、この旨味の層を削り過ぎて取り去ってしまっている無洗米は美味しくありません。
特定非営利活動法人全国無洗米協会では、旨味成分が損なわれていない無洗米を認証無洗米として認証しているので、美味しい無洗米を選ぶならこの認証を受けているかを確認するのが望ましいでしょう。

参考:特定非営利活動法人全国無洗米協会「協会認証無洗米がお得な理由」


無洗米なら普通米に比べて水の量は少なくて済む?


無洗米はお米を研がずに炊くことができるので、普通米と比較すると研ぐのに使用する水の量の分、必要な水は少なくなります。
無洗米を使用することで水の節約になり、糠を下水に流す必要もなくなるので無洗米は環境にも優しいお米と言われているのです。


美味しく炊くために普通米と水の量は変える?

無洗米は肌糠を取り除いているため普通米と比較すると粒の1つ1つが小さく、普通米用の計量カップで計測した場合お米の量が5%ほど多くなってしまいます。このため普通米の水加減と同じ量の水で無洗米を炊くと水の量が足りなくなるため、パサパサとした食感に仕上がってしまうのです。

無洗米は60分ほど浸水させた後、5kgに対して水7.25~7.5リットル、3kgに対して水4.35~4.5リットルで炊くのがよいでしょう。普通米では米と水の割合が1:1.2とされますが、無洗米では1:1.45~1.5程度とするのが目安です。

参考:特定非営利活動法人全国無洗米協会「業務用の炊き方」


まとめ


無洗米では普通米と比較すると洗う時には水を使用しませんが、炊く時に使用する水の量は普通米ではお米の1.2倍に対し無洗米では1.45倍~1.5倍となり少し多くなることがわかりました。