株式会社みどりフーズ

創業100余年

お米を通じて
お客様の繁栄のお手伝い

お電話でのお問い合わせはこちらから

072-255-7551 TEL

お問い合わせはこちら

MENU

業務用のカリフォルニア米について

19世紀半ば、ゴールドラッシュで米を主食とする約4万人の中国人労働者を含む、様々な国の労働者がカリフォルニア州にやってきました。


日中と夜間で寒暖差がある地中海性気候で、シエラネバダ山脈を源流とする澄んだ水もあったカリフォルニア州は米の生産にうってつけの土地だったため、米の生産が開始されました。


現在では先進的な農業技術で高収穫量、高品質を誇るカリフォルニア米は、日本が第二位の輸出相手国で重要な市場となっているのです。


1.カリフォルニア米の特徴

カリフォルニアでは短粒種、中粒種、長粒種のうるち米、香り米、もち米などさまざまな種類のお米が生産されています。中でも最も生産量が多いのが中粒種のジャポニカ米で、アメリカ国内の和食レストラン、アジア系住民に愛されているのです。


このカリフォルニア米の中粒種で代表的なのがカリフォルニアの薔薇という意味を持つ「カルローズ」というお米で、カリフォルニア州の米生産量の90%を占め、輸出される国は40か国以上にも上ります。そのため和食はもちろん中華料理、地中海料理、フランス料理、イタリア料理など活用される場が幅広いのが特徴的です。



具体的なレシピとしては、サラダ、リゾット、スープ、ピラフ、ドリア、チャーハン、カレー、パエリア、ナシゴレンなどで、お米を使った世界各国の代表的な料理にはほぼカリフォルニア米を使うことができると言っていいでしょう。


2.カリフォルニア米の日本での使われ方

それではカリフォルニア米は日本に輸入された後、どのような使われ方をしているのでしょうか。カリフォルニア米を使っている日本の外食産業はどのような業態が多いのか調べてみるとアメリカンダイニングはもちろん、カフェ、カレー専門店、和風ビストロ、ホテルダイニングなど非常に多岐に渡っているのがわかります。


そのような現場で働いているプロのシェフにカリフォルニア米の魅力を聴いてみると、用途の幅広さと多少時間をおいても食感が変わらないという意見が多数を占めるのです。カリフォルニア米のこのような特徴は一流の料理人の方が作る一皿をさらに美味しくするために役立っていると言えるでしょう。


またカリフォルニア米はこのような高級レストランだけではなく、ファミリーレストランやフランチャイズの飲食店など私たちの身近なところでも数多く使われています。このような業態の場合、日本米にはない味わいや食感をカリフォルニア米に求めてメニュー開発をするというのが特徴的です。


このことから今までにない新しい米料理を作ることにもカリフォルニア米は一役買っていると言えます。


3.カリフォルニア米の美味しい炊き方

では美味しいカリフォルニア米を炊くためにはどのようにすれば良いのでしょうか。ポイントを3つお伝えします。


ポイント1 米を傷つけないように研ぐ

→お米を研ぐ時に米粒を押して擦る時がありますが、カリフォルニア米の場合はサラサラと優しく、かきまぜるように研ぐのが望ましいです。これは力を入れてしまうと米粒が壊れてしまう可能性があることから来ています。


ポイント2 しっかり1時間ほど吸水させる

→この時ミネラルウォーターなどを用いると、さらに美味しく仕上げることができます。水の温度は冷えたものの方が良いです。好みで氷を入れる方もいます。


ポイント3 水加減は普通通りにする

→カリフォルニア米は固めの食感なのでその特徴を生かすため、柔らかめの水加減にはしない方が良いということです。この時好みで米2合に対し大さじ1のみりんを加えるとカリフォルニア米につやが出ます。

食べきれる量だけを炊いて炊飯器の保温機能などは使わない方が良いのですが、もし保存をするとすればなるべく熱々の状態でラップフィルムを使って優しく包み、さらにアルミホイルでくるんでから冷凍するのがおすすめです。


4.美味しいカリフォルニア米を手に入れるためには

このように用途が幅広く、業務用米としてさまざまな活用ができる美味しいカリフォルニア米はどのようにして手に入れれば良いのでしょうか。ネットで通販サイトを検索してみると5kgから買えるところがほとんどで、10kg、20kgなど使用量に応じてさまざまなサイズから商品を選択することができます。

また業務用としては使い勝手のよい無洗米がラインナップに加えられていたり、送料無料のサービスが行われていたりなど、カリフォルニア米は業務用米を探している方にとっては取引条件の良いお米であると言えるでしょう。弊社でも業務用食材卸売市場Mマートにて、カリフォルニア米をお取り扱いさせていただいております。

「米国産カリフォルニア米」7,470円/30kg(10kg×3袋)(税込)

https://www.m-mart.co.jp/search/item.php?type=buybuys&no=number&id=komedori&num=19


弊社では業務用米の通販において、米の食味鑑定士7名が無料でお客様のご相談をお受けしております。


5.まとめ

カリフォルニア米は用途が幅広く、新しいメニューを生むために飲食業界から注目されている素晴らしいお米であるのがおわかりいただけたでしょうか。ぜひ質の良いカリフォルニア米で、お客様の舌と心を満足させてください。