株式会社みどりフーズ

創業100余年

お米を通じて
お客様の繁栄のお手伝い

お電話でのお問い合わせはこちらから

072-255-7551 TEL

お問い合わせはこちら

MENU

コシヒカリを美味しく炊く水加減のコツは?

コシヒカリは、粘り気がある美味しいお米として多くの日本人に人気があるお米です。コシヒカリをより美味しく食べるには、どんな水加減にして炊けばいいのでしょうか。最も美味しく食べてみたいですよね。水加減のコツを知ることで、より美味しくコシヒカリを味わってみるコツについてご紹介します。


コシヒカリの水加減はべちゃっとならないように炊くのがコツ

コシヒカリを炊いた際にべやっとなってしまったという人が多くいます。元々粘り気が強いお米のために、炊き方次第ではべちゃっとなってしまうことがあります。水加減や炊き方のコツを知っておくことが大切です。


美味しく炊くには

コシヒカリを美味しく炊く際には、お米としての特徴を知ることが必要です。コシヒカリの特徴と米の洗い方、水加減、蒸らし方についてコツをご紹介しますので、詳しく知ってみませんか。


米の洗い方のコツ

コシヒカリの米の洗い方のコツとしては、どのお米にも言えますが、手早く洗うことも大切です。最近では精米技術が発達していますので、あまり力を入れて長く何回も研ぐ必要はありません。

お米を研いだ時に出るぬかや汚れが溶けた濁った水を、お米自体が吸水しないようにできるだけ手早く研ぐことが大切です。特にコシヒカリは、粘り気がある軟質のお米ですので、手早く研いで水切りをしましょう。


水加減のコツ

米には軟質米と硬質米がありますが、コシヒカリは軟質米となります。コシヒカリの特徴を水加減も注意しましょう。コシヒカリなどの軟質米や新米を炊く際には、水を少し控えめにして炊くのがおすすめです。


どの位か控えめにするのかが気になりますが、いつもの水位線から1mm程度減らす程度がいいでしょう。お好みのちょうどいい炊き上がりになるように、少しずつ水加減を調整してみませんか。


コシヒカリを炊いた後の蒸らし方にもコツ

また、コシヒカリを炊いたら蒸らし方にもコツがあります。すぐにご飯を混ぜずに15分程度蒸らして蒸気を飛ばすのがコツです。その後、空気を入れながら切るようにご飯を混ぜ、お米の艶を出すのがいい方法です。洗い方や水加減、蒸らし方とそれぞれにこだわることで美味しいコシヒカリが味わえるでしょう。


まとめ

コシヒカリを炊く際の水加減などのコツについてご紹介しました。コシヒカリは日本人好みの粘り気のある美味しいお米です。その特性をよく知って、特徴を活かして炊くのがおすすめです。水加減や炊き方のコツを知って、べたつかないようにしながら、持ち味である粘り気を感じる炊き方を目指すといいでしょう。