株式会社みどりフーズ

創業100余年

お米を通じて
お客様の繁栄のお手伝い

お電話でのお問い合わせはこちらから

072-255-7551 TEL

お問い合わせはこちら

MENU

もち米をおいしく炊くための水加減とは

以前「業務用のもち米について 用途、カロリー、成分、蒸し方などをご紹介」の記事で、もち米とはどのようなお米なのか、うるち米とはどのように違うのかを解説しました。

この記事ではもち米を食べるのが更に楽しくなる、美味しく炊ける水加減のコツからもち米を使った料理やスイーツまで詳しくご紹介します。


もち米の特徴


白米はうるち米ともち米の2種類に分類され、うるち米は普段炊いて食べるお米、もち米はお餅、おこわ、赤飯などの原料となります。

うるち米ともち米の違いを表にまとめてみました。

比較項目うるち米もち米
見た目白色で半透明乳白色で不透明、うるち米より粒が小ぶり
でんぷんの成分アミロース20%、アミロペクチン80%アミロペクチン100%
カロリー(100g)168kcal202kcal
吸水率(2時間あたり)20~25%30%~40%
品質の劣化速い遅い
粘り弱い強い

もち米は吸水率が高く粘りがあることからもっちりとした食感が楽しめるのがわかります。

参考:文部科学省「食品成分データベース」


もち米の炊き方、水加減


もち米の炊き方と水加減のコツをご紹介します。

①炊き方のコツ
もち米は吸水率がうるち米と比較すると高いため、浸水させずに炊くのがポイントです。
②水加減のコツ
白米、玄米、もち米の水加減の違いを表にまとめてみました。

お米の種類(各1合、180ccに対して)水加減
白米200㏄(1.1~1.2倍程度)
玄米270㏄~360㏄(1.5~2.0倍程度)
もち米180cc(1倍)


もち米は白米や玄米と比較すると少なめの水加減でよいことがわかるでしょう。


もち米を使う料理、スイーツ

もち米を使う料理とスイーツを1つずつご紹介します。

①赤飯
赤飯はその見た目からお祝い事の時に炊くイメージが強いですが、うるち米と比較するとたんぱく質、カリウムなどの含有量が多く、栄養価の高いヘルシーな料理とも言えます。

食生活で体調を整えたい方におすすめです。

②道明寺
もち米を使った皮で餡を包んだおはぎのような関西風の桜餅です。

皮を作る際に使われる道明寺粉が名前の由来と言われています。

参考:文部科学省「食品成分データベース」


まとめ


もち米は吸水率が高く粘りが強いという特徴があるため、水加減は白米や玄米と比較すると少なめとし、浸水させずに炊くと美味しくなることがわかりました。

もち米を使用した料理は美味しいだけではなく、栄養価が高いため身体にも良いとされています。

ぜひ積極的にもち米を食べて、健康的な生活を送りましょう。