株式会社みどりフーズ

創業100余年

お米を通じて
お客様の繁栄のお手伝い

お電話でのお問い合わせはこちらから

072-255-7551 TEL

お問い合わせはこちら

MENU

お米をジップロックで安全に美味しく保存する方法

お米を保存する際に、特に何も考えることなく米びつを利用している人は多いのではないでしょうか。
しかし、最新のお米の保存方法にはジップロックという選択肢もあるのです。
この記事では米びつとジップロックの違いからお米をジップロックで保存するメリットまで詳しくまとめてみました。


びつの役割


お米は高温多湿の環境で劣化しやすくなり、コクゾウムシという虫も発生しやすくなります。
米びつは密閉できるため防虫効果が高く、ある程度の温度管理もできるため、お米を保存する入れ物としての役割を長い間果たしてきました。

しかし最近、お米は常温保存より冷蔵庫などの冷暗所で保存した方が長持ちすることや、あまり大量には保存せず1か月程度で食べきれる量を保存する方が望ましいことがわかってきています。
そのため米の保存方法を見直し、米びつではない別の入れ物を検討する人が増加してきたということです。

ジップロックの特徴


お米の新しい保存方法として注目されているジップロックとは、どのような特徴をもつ製品なのでしょうか。
ジップロックとは旭化成ホームプロダクツが開発・販売している食材や小物を保存するためのキッチン用品で、常温、冷蔵、冷凍などさまざまな保存方法に対応しています。その品質と使い勝手の良さから家庭だけではなく、業務用としても広く用いられています。


米をジップロックで保存することの効果、メリット


お米をジップロックで保存するメリットを2つご紹介します。

①密閉できる
お米を保存するには防虫のため密閉できる入れ物が望ましいですが、ジップロックには閉まる感覚が手に伝わるスマートジッパーが採用されているため、閉め忘れを防止ししっかりと防虫することができます。

②サイズが大きすぎない
ジップロックは、冷蔵保存に使用できるストックバッグで一番大きいLサイズが縦:273mm×横:268mm ×厚さ:0.04mmと大量のお米を保存できるサイズとは言えません。
しかし小分けして1か月分程度のお米を保存するにはぴったりのサイズ感です。
多すぎるお米を保存しないようにするためにもジップロックは役立つということです。

これら2つのメリットから、高温多湿と虫を避け小分けにしてお米を保存できるジップロックは、最新のお米の保存方法に即した入れ物であると言えるでしょう。

参考:旭化成ホームプロダクツ「ジップロック 商品詳細」


まとめ


お米の保存容器と言えば以前は米びつ1択でしたが、現在は最新のお米の保存方法に基づいてジップロックを選ぶ人も多くなってきているとわかりました。
お米を美味しく食べるためにも、保存方法を新しく見直してみてはいかがでしょうか。